ビューティ―コラム

インナーカラーやめたい!やめどきは?飽きたらグラデーションにチェンジ!次におすすめの髪型

※当ページはプロモーションを含みます。

アイキャッチ

髪の毛の内側に色を入れて楽しむインナーカラー。好みが変わったり、就活が近づいたりしてやめたい場合もあるでしょう。

そんな時、気になるのが「やめどき」や「次の髪型」です。インナーカラーのやめどきは、髪の毛の伸び方や色落ち具合によって異なります。

本ブログでは、

  • インナーカラーのやめどき
  • やめたい時の対処法
  • 飽きたら試したいおすすめの髪型

を紹介します。

めりも

インナーカラーに飽きたらどうしよう?と悩んでいる方は、参考にしてくださいね!

(トップ画像引用:HOTPEPPER Beauty magazine

ヘアケアお悩みおすすめ記事

  1. 40代のインナーカラーって痛いの?体験レポを届け【画像あり】
  2. インナーカラーで白髪染め卒業!おしゃれな白髪ぼかしテクニック5選
  3. インナーカラー後に次染めるときは全体染め?どうすればいい?
  4. インナーカラーやめたい!やめどきは?飽きたらグラデーションにチェンジ!次におすすめの髪型
  5. インナーカラーの流行はいつまで?白髪みたい?時代遅れにならないためのポイント
  6. インナーカラーとハイライトどっちがいい?同時にできる?値段の違いを比較
  7. 女性で髪の毛が多い人の特徴は?髪のが多いのはなぜ?
  8. アレクサンドル・ドゥ・パリはなぜ高いのか?ヘアアクセの価格に隠された7つの理由
  9. ボリューム・ゴワつきおさまる!人気アケア商品最新ランキング
  10. 【2024年最新】カラーア用おすすめシャンプー10選

インナーカラーをやめたい人の声

Yahoo!知恵袋には、インナーカラーをやめたい人からの投稿が多く見受けられています。やめたい理由や投稿者の悩みについて、リアルな声を調査します。

インナーカラーをやめて全頭ワンカラーにしたいです。2ヶ月半前に2回ブリーチしてインナーカラーを入れました。元はグレーですが今は完全に抜けきってほぼ金髪です。次は全頭ワンカラーをしたいのですが、全頭ブリーチして色落ちで全て金髪になるのは避けたいです(URL

インナーカラーに飽きたら、どのように戻すんですか?インナーカラーのまま伸ばしてるとだんだん根本が黒くなりますが、そのまま放置でいいんですか?それとも黒染めとかするんですか?(参照URL

インナーカラーをやめて、茶色1色に戻したいと考えています。ブリーチを既に何度もしているので、入れてもまたすぐ金髪に戻ってしまうのか?1色に染めることは不可能なのか?どうするのが1番正解なのでしょうか?(参照URL

インナーカラーをやめたいです。どうすればいいのでしょうか??ブリーチは一回だけしてます。できれば黒に近い暗髪がいいです!参照URL

インナーカラーからバレイヤージュに染めるのは厳しいでしょうか?またインナーカラーからグラデーションに染めるのは大丈夫なのでしょうか?(参照URL

口コミを検証すると、

  • 元の髪色に戻したい人
  • 全頭ワンカラーにしたい
  • 黒に近い髪色にしたい
  • 流行のグラデーションやバレイヤージュにしたい

このように、インナーカラーをやめたい人の投稿が目立ちます。次章では、インナーカラーをやめたい人のために、やめどきのポイントを解説します。

楽天で「インナーカラーエクステ」を見てみる

インナーカラーのやめどきは?

インナーカラーは、いつがやめどきなのでしょうか?インナーカラー施術後の髪色の変化について解説します。

インナーカラーは1ヶ月で金髪になる

インナーカラーは、1ヶ月ほど経つと色落ちして金髪状態に戻ります。カラーの褪色は、どんなカラーに染めても避けられない現象です。

そのため、ブリーチで明るくなった髪の毛を元の黒髪に戻すのは不可能です。

月1で染め直す必要がある

新たなインナーカラーを楽しみたい人は、前回のインナーカラーの色味がある程度抜け落ちてから次のカラーを入れると、色が綺麗に出やすくなります。

メンテナンス目安

1ヶ月~1ヶ月半:インナーカラーの染め直し
2~3ヶ月:根元をリタッチブリーチ

このように、インナーカラーを長く楽しむためには、定期的なメンテナンスが必要です。

やめどきの判断基準

インナーカラーは、色落ちしてブリーチ部分がプリン状態になったら、やめどきと考えてもいいでしょう。また、好みやライフスタイルの変化も、やめどきの判断材料となりますよ。

  • 季節に合わせた髪色にしたい
  • 新しい洋服に合わせたスタイルにしたい

このように、季節に合わせてヘアカラーを変えてもいいですね!

やめたい時の対処法

インナーカラーをやめたい時の対処法について解説します。

インナーカラー部分をすべてカットする

一度ブリーチした髪は再生できないため、髪が生え変わるまでは金髪状態が続きます。髪のダメージを最小限に抑えたい人は、ブリーチ部分をカットするのがいいでしょう。

しかし、インナーカラー部分をすべてカットすると、髪の長さがアンバランスになる可能性も。カットしたことでデザインが崩れて、次のヘアスタイルが制限されるというデメリットもあるので、あまり現実的ではありません。

黒染めする

(画像引用:KOCU

インナーカラーは、黒染めにするとムラなく一色に染め上げることが可能です。黒染めは、通常のカラー剤に比べると定着力が高いため、色落ちしない点がメリットです。

しかし、次回以降明るい髪色に染めたい場合は、染まりにくいというデメリットもあるので注意が必要です。

楽天「カラーシャンプーランキング」はこちら

インナー部分とベースの色を合わせる

(画像引用:BEACH

色を統一させたい人は、インナー部分とベースの色を合わせたリタッチカラーがおすすめです。この施術は、すべて単色で染めるとムラになるので、使用するカラー剤の配合や放置時間などが変わります。

一色に統一させる染め方は、インナー部分と自毛の色味を揃える必要があるため、美容師さんの技術が問われます。

めりも

インナーカラーの経験が豊富な美容院で染めましょう!

注意点

  • 広範囲でインナーカラーを入れた方
  • 繰り返し染め直している方

このような方が全体染めをした場合は、ムラになりやすく、インナー部分だけ色落ちが早まる可能性があります。次にどんなヘアスタイルにしたいかを考え、インナーカラーを入れる場所や幅を決めましょう。

全体染めをする前にしておくべきことは、以下の記事で詳しく解説しています。

インナーカラーに飽きたら試したいおすすめの髪型

インナーカラーに飽きたら試したいおすすめの髪型をご紹介します。

ブリーチを活かして「グレージュカラー」にリタッチ

(画像引用:Adorable

インナーカラーに飽きたら、グレージュに色味を変えてみましょう!

グレージュとは?

グレージュとは、名前の通り灰色のグレーと、赤みのない黄色のベージュの中間のくすんだ色味が特徴です。

グレージュは髪が柔らかく見えるだけでなく、肌の色をキレイに見せてくれて、髪にツヤや透明感をプラスしてくれる万能カラーです。

「黒髪にはしたくないけど、落ち着いた髪色に戻したい」

という方におすすめです。

思い切って「全頭ブリーチ」

(画像引用:PROSOL

インナーカラーに飽きたら、思い切って「全頭ブリーチ」にする方法もおすすめです。髪全体を同じ明るさにブリーチするため、透明感のあるヘアカラーが楽しめます

めりも

画像は、とてもキレイなミルクティーベージュに変身しています。

グラデーションにチェンジ!

(画像引用:Wiz

薄っすら残ったピンクのインナーカラーをブルーに染め直し、表面はグラデーションカラーを施したリタッチ。グラデーションにすることでプリン状態が気にならないので、ブリーチ毛を伸ばしながら地毛に戻したい方におすすめです。

プリン状態が目立たない「バレイヤージュ」もおすすめ

(画像引用:Ash

バレイヤージュは、毛先に向かって徐々に明るくなるのが特徴です。明るい部分が多く透明感があるので、外国人風カラーにしたい方におすすめのスタイル

このまま伸ばして毛先のグラデーションカラーを楽しんでもいいですし、適宜カットして均一のカラーにもできるので、デザインの幅も広がりますよ!

元の髪に戻したい人は「ナチュラルなグラデーション」

(画像引用:cura

「インナーカラーを徐々に元に戻したい」という方におすすめの方法が、「ナチュラルなグラデーション」スタイルです。内側の根元を少しずつグラデーションに染めていくので、根元が伸びてきても気になりません。

めりも

美容室通いが面倒なズボラさんにもおすすめですよ!

初心者におすすめ!「ブリーチなしインナーカラー」

(画像引用:KINGDOM

めりも

実は、インナーカラーはブリーチなしでも充分楽しめるヘアスタイルです。

ブリーチなしのインナーカラーは、ベースの髪色に近い色に染まるため、色落ちしても自毛に馴染みやすく元に戻すのが簡単です。ブリーチなしのカラーは14トーンまで明るい色を表現できるので、ベースカラーをブラックやブラウンなど暗色にすれば、素敵なコントラストを楽しめます。

ブリーチよりも髪が傷みにくいので、髪のダメージを抑えたい方におすすめです!

色持ちをよくするにはホームケアも大切

ブリーチした部分にカラーを入れる場合は、色持ちをよくするホームケアも大切です。色持ちをよくするためのヘアケアアイテムをご紹介します。

「rasicaカラーケアシャンプー&トリートメント」

人気美容師も推薦するサロン専売品「rasicaのカラーケア用シャンプー&トリートメント」。化粧品会社がプロデュースしている商品で、真珠層プロテインや羊毛ケラチンなどの毛髪補修成分を贅沢に配合しています。

めりも

サロン帰りのカラーを、次に行く時までキープしたい方は試してくださいね!

楽天「カラーケアシャンプーランキング」はこちら>>

ブリーチ用シリーズ「エルジューダ ブリーチケアジェルセラム」

ブリーチ用に開発されたエルジューダのアウトバストリートメントです。髪の広がりや指通りの悪さは、ブリーチによるうねりにあります。

カチオン性成分を配合したジェルセラムは、ごわごわ硬く広がりやすい髪をやわらかな質感に仕上げます!

楽天「アウトバストリートメント人気ランキング」はこちら

関連記事

まとめ

「インナーカラーやめたい!やめどきは?飽きたらグラデーションにチェンジ!次におすすめの髪型」というテーマに沿って解説しました。インナーカラーをやめるタイミングは人それぞれです。

やめたいと思ったら、思い切ってやめてみてもいいでしょう。今後どんなカラーにしていくか計画を立てながら施術して、素敵なカラーリングを楽しんでくださいね!

ご覧いただきありがとうございます。

-ビューティ―コラム