ビューティ―コラム

タイトスカート攻略!似合う骨格は?ウェーブは似合わない?ぽっちゃりさん向けコーデ術

※当ページはプロモーションを含みます。

アイキャッチ

女性らしいシルエットが魅力のタイトスカート。しかし、いざ着てみると「なんだか似合わない…」と感じたことはありませんか?

実は、タイトスカートは骨格タイプによって似合うデザインや素材が異なります。この記事では、「ストレート・ウェーブ・ナチュラル」の3つの骨格タイプ別に、似合うタイトスカートの選び方を詳しく解説します。

さらに、体型が気になるぽっちゃりさん向けにおすすめコーデを紹介!ぜひ、自分にピッタリのスタイルを見つけて、タイトスカートの着こなしを攻略しましょう!

(トップ画像引用:ZOZO

めりも

ファッション記事多数執筆経験のあるWebライターが、分かりやすく解説します!

レディースファッションおすすめ記事

タイトスカートが似合う骨格は?

3つの骨格タイプ「ストレート・ウェーブ・ナチュラル」に焦点を当て、タイトスカートが似合う骨格を検証します。

楽天で人気の「タイトスカートランキング」はこちら>>

骨格の特徴

ストレート

・メリハリのある体型
・腰位置・バスト位置が高く厚みがある・膝上にボリュームがつきやすい・筋肉がつきやすく肌にハリ・弾力がある

ナチュラル

・曲線部分が少なく骨や関節が目立ちやすい
・首から胸のラインが直線的・腰の位置は高くヒップは平面的
・膝のお皿が大きくすねの骨が太い

ウェーブ

・上半身が華奢・バスト位置は低め
・腰位置が低めでバランスが下重心・膝上よりも膝下にお肉がつきやすい

タイトスカートが似合う骨格は以下の通りです。

  • ストレート…
  • ナチュラル…
  • ウェーブ…

それぞれの骨格タイプの特徴から、タイトスカートが似合う骨格を順番に紹介します。

一番よく似合う骨格は「ストレートタイプ」

タイトスカートが一番よく似合う骨格は『ストレート』

ストレートタイプの人は、身体に厚みがあるため、縦長のシルエットのタイトスカートを着用すると、よりメリハリのあるコーデを楽しめます。

シャープな印象の「ナチュラルタイプ」

次に似合う骨格は、ナチュラルタイプ。

筋肉や脂肪が少ない体型なので、タイトスカートがよりスタイリッシュでシャープな印象を引き立てます

似合わない?「ウェーブタイプ」

3つの骨格の中で、タイトスカートが似合わないと言われているのが「ウェーブタイプ」

膝下に脂肪がつきやすいウェーブさんは、体のラインを拾いやすいタイトスカートを着ると、下半身を一層重たく見せてしまいます

しかし、似合わないと言われる骨格でも、素材やデザインを上手く選択すれば、タイトスカートをスタイルよく着こなすことが可能です。次章では、骨格の特徴に合わせたタイトスカートのコーデ術をお届けします。

【骨格別】タイトスカートの選び方・コーデ術

こちらの章では、適切なタイトスカートの選び方とおすすめの着こなしを骨格別に紹介します。

骨格ストレートのコーデ術

ストレートタイプの人は、タイトスカートが似合う骨格ですが、合わせ方によってはバランスが悪くなったり、コンサバになりすぎたりすることも

今っぽくオシャレに着こなすコツを紹介します!

シルエットで華やかコーデ

(画像引用:ZOZO

ストンと真っすぐに落ちる「Ⅰシルエットのタイトスカート」は、上品で華やかな大人の女性にぴったりですコントラストがはっきりとしたカラーは、ストレートタイプが得意なスタイル。

めりも

靴はヒールやサンダルで細い足首を出すと、スッキリ引き締まった印象になりますよ!

人気の「Ⅰラインタイトスカート」【楽天】はこちら>>

品よくオシャレな「膝丈」

(画像引用:ZOZO

定番の膝丈タイトスカートは、流行に左右されず長く着まわせるアイテムです。肌触りが良く高級感のある素材は、骨格ストレートの弾力のある肌質に馴染みやすいので、知的な印象を与えてくれます。

楽天で人気の「スリット入りタイトスカート」>>

ハリ感のあるデニムもおすすめ

(画像引用:ZOZO

骨格ストレートタイプは、コットンやサテン、レザー、デニムなどハリのある素材が似合います。このような素材は、フリルや花柄など甘めテイストのトップスとの相性もよく甘辛ミックスコーデが楽しめます。

めりも

デートコーデにもおすすめです!

楽天で「デニムのタイトスカート」を探す>>

骨格ナチュラルのコーデ術

ナチュラルタイプは骨や関節が目立ちやすい体型なので、素材の選び方によってはシャープな印象をより強めてしまう可能性があります。ナチュラルタイプさんにおすすめのコーデ術をご紹介します。

ボリュームのあるトップスが得意

(画像引用:ZOZO

ナチュラルさんは、オーバーサイズのボリュームのあるアイテムが得意です。チュニック丈のブラウスとタイトスカートを合わせると、重心が下がるのでバランスよく仕上がります。

めりも

足元もボリュームのあるスニーカーにすれば、さらにスタイルアップできますよ!

楽天売れ筋「チュニックランキング」はこちら>>

着回ししやすい「セットアップ」

(画像引用:ZOZO

さまざまなシーンで活用できるシンプルなセットアップコーデは、1つ持っておきたいアイテムカジュアルにもオフィスシーンでも活用できるので、着回し抜群です!

ゆったりしたトップスと合わせることで、上半身をカバーし抜け感をプラスできます

めりも

シンプルなセットアップは、大きめのバッグで存在感をUPさせましょう!

楽天で「タイトスカートセットアップ」を見てみる>>

ナチュラルさんは柄物も得意!

(画像引用:ZOZO

ナチュラルタイプは、シルクやサテンなど高級感のある素材が苦手です。その反面、チェックやストライプ、ボタニカルなどカジュアルな柄物が得意!

めりも

ミモレ丈のタイトスカートは、コーデのバランスも取りやすく、ぐっとこなれたスタイルになりますよ!

楽天で「柄物・タイトスカート」を見てみる>>

骨格ウェーブのコーデ術

タイトスカートが似合わないといわれる骨格ウェーブの方は、

  • オーバーサイズ過ぎないシルエット
  • 長すぎない丈感
  • 肌に馴染みやすいカラーや素材

このようなアイテムを選ぶと失敗しにくく、上手にスタイルアップさせることが可能です。骨格ウェーブの弱点を抑えたコーデ術を攻略しましょう!

ミモレ丈・柔らかい素材を選ぶ

(画像引用:ZOZO

骨格ウェーブの方は下半身に重心があるため、ボリュームのあるマキシ丈は苦手です。また、上半身が華奢な人が多いので、流行のオーバーサイズも似合わないスタイルに。

膝下くらいのミモレ丈や、柔らかい素材を選ぶとフェミニンな印象を演出できますよ!

楽天で「レース素材のタイトスカート」を見てみる>>

目線を上げる「ハイウエスト」

(画像引用:ZOZO

似合わないタイトスカートをすっきり着こなすには、ハイウエストに挑戦してみましょう!ハイウエストのタイトスカートは目線が上がるため、脚長効果が期待できます

めりも

ふんわりしたフェミニンなトップスとの相性もいいですよ!

楽天で「ハイウエストのタイトスカート」を探す>>

軽やかな印象に「スリット入りタイトスカート」

(画像引用:ZOZO

ウェーブタイプさんがタイトスカートを着用すると、ウエストラインが真っすぐなので寸胴に見えがちです。スリット入りのタイトスカートを選ぶと、一気に洗練された印象になります。

めりも

ちらりと肌見せして、細見え効果を狙いましょう!

楽天で買える「スリット入りのタイトスカート」はこちら>>

ぽっちゃりさん向けおすすめコーデ術

タイトスカートに苦手意識を持っているぽっちゃりさんでも、素材や着こなしを工夫すれば十分着こなせます。こちらでは、ぽっちゃりさん向けのおすすめコーデを解説します。

下半身をすっきり見せたい人はトップにボリュームを

(画像引用:ZOZO

腰が張っていてお尻が大きめのぽっちゃりさんは、テーラードジャケットを合わせるのがおすすめです。テーラードジャケットの襟が縦ラインを強調するため、スッキリとした印象に。

めりも

ボタンを留めずに開けて着るのがポイントです!

楽天で人気の「テーラードジャケットランキング」はこちら>>

肉感を拾わない厚めの生地

(画像引用:ZOZO

タイトスカートは、素材やデザインのバリエーションが豊富です。ニット系や薄手素材は、下半身の肉感を拾ってしまうため、ぽっちゃりさんにはおすすめしません。

デニムやコーデュロイなど厚めの生地を選ぶと、シルエットを整えつつ魅力的なスタイリングを楽しめますよ!

ロングジレ・ベストで体型カバー

(画像引用:CBK

ロング丈のベストやジレは、縦の「Ⅰライン」を強調してくれるので、全身がスッキリ見えます

めりも

袖がないので、腕も細見えするのも嬉しいポイント。

楽天「ベスト・ジレランキング」はこちら>>

気になるお腹やお尻周りもしっかりカバーしてくれるので、1枚持っておくと重宝しますよ!

まとめ

タイトスカートは、骨格によって似合う似合わないがありますが、素材感やデザイン、トップスを上手に組み合わせることで、素敵なスタイルを楽しめます。ぜひ、こちらの記事を参考にして、さまざまなコーデにチャレンジしてみてくださいね!

ご覧いただきありがとうございます。

-ビューティ―コラム