ビューティ―コラム

アートメイクは一生消えない?早く消す・薄くする方法を解説!消したい人必見

※当ページはプロモーションを含みます。

アイキャッチ

アートメイクは、だんだん薄くなって自然に消えると思っている人は要注意!実はサロンによってさまざまな見解があります。

本記事では、「アートメイクは一生消えないのか?」という疑問について、体験談をもとに大手サロンの見解を検証します。さらに、アートメイクを早く消す方法や薄くする方法を詳しく解説します。

めりも

この記事を参考に正しい知識を持って、施術に臨みましょう!

アートメイク関連記事はこちら

  1. 【芸能人御用達のメディカルブロー】失敗・後悔の体験談を徹底調査
  2. メディカルブローで施術した芸能人は店舗・施術担当者・体験談を公開!
  3. 【眉・アートメイクの10年後】年取ったら後悔する?綺麗に保つ秘訣
  4. 【アートメイク】おばあちゃんでも施術は可能か?眉施術事例や危険性を解説
  5. 【アートメイク】保険に入れない?洗顔してしまった!自眉はどうなる?体験者の口コミを紹介
  6. アートメイクは危険?できない人は?変色・MRIのやけどのリスクと手術の影響
  7. アートメイクは一生消えない?早く消す・薄くする方法を解説!消したい人必見
  8. 韓国アートメイクの落とし穴!失敗談から学ぶ、日本と韓国の施術の違いと危険性
  9. 【ヘアライン・生え際アートメイク】失敗談は?持ちが悪い?7つのデメリットを解説
  10. 薄毛・生え際にお悩みの方必見!メンズ向け頭皮アートメイクとは?【症例画像あり】

2月限定キャンペーン実施中!
最大2万円引
\施術できるチャンス!/

メディカルブロー公式サイトはこちら

アートメイクは一生消えないのか

「アートメイクは一生消えないのか?」を検証するため、体験者の声と4社のクリニックのQ&Aサイトを検証しました。

体験者の声を検証

アートメイク経験者です。3年ほど前に初めて眉のアートメイクを入れました。私の場合は代謝が良いので、1年ほどで若干薄くなり、赤茶色が残りました。残った色が不自然だったので私は3年を過ぎた頃に色を入れ直しました。(Yahoo知恵袋

私は10年ほど前に眉毛にアートメイクをしました。5年ほど持ちますと言われましたが、10年経った今でもキレイに残っています。個人差もあるんでしょうけど、施術する人の腕もあるのかな?って気がしますね。(Yahoo知恵袋

アートメイクを仕事でやっています、何年経っても完全には消えません。昔施術した方は黒で入れましたので青くなってしまい、10年経っても消えません。最近はブラウン系で入れる事が多いので、3~5年位で入れ直す方が多いです。(Yahoo!恵袋

3年持ったという人や、10年経った今でもきれいに残っているという声もあり、アートメイクの持ちは個人差が大きいことが分かります。実際の施術者からは、

何年経っても完全には消えない

という意見もありました。

クリニックのQ&Aサイトを検証

以下の4つのクリニックのQ&Aから「アートメイクは一生消えないのか」を検証します。

Q.アートメイクをしたら、一生消えなくなりますか?【シロノクリニック】

A.年齢、肌質、新陳代謝により個人差はありますが、施術後は2~3年程度持続します。表皮から0.02ミリの深さにアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)で認可された安全な色素を着色し、刺青のような真皮の深さまで色素を着色させませんので、一生消えないという事はありません。

Q.アートメイクをしたら、一生消えないですか?【G CLINIC】

A.皮膚の浅い層に色素を着色していきますので、刺青やタトゥーのように一生消えないという事はありません。1~2年で薄くなっていきますが、何もしていないお肌ではなく、うっすらと色が残っている場合がほとんどです

Q.アートメイクは完全に消える?【クレアージュ メディカルアートメイク】

A.皮膚の浅い場所に色を入れるアートメイクは、肌のターンオーバーにより少しずつ薄くなっていきます。ただし、完全に消えるわけではありません見た目でわからない程度まで薄くなることもありますが、取り除きたい場合は医療機関での施術が必要です。

Q.眉アートメイクの色はいつから薄くなりますか?【銀座よしえクリニック】

A.個人差はありますが、一般的に持続期間は2〜3年程度です。眉アートメイクは数年で色味は退色していきますが、完全に消えるわけではありません。

検証結果!

4社のQ&Aサイトを調べた結果、

  • 「アートメイクが一生消えないことはない」
  • 「完全に消えるわけではない」

という両方の意見が存在します。このように回答が分かれる理由は、アートメイクの施術方法や技術、個人差によって、色素の定着度や持続期間が異なるためです。

アートメイクは真皮層よりも浅い「表皮層」に色素を入れます。表皮層に入れた色素は、皮膚のターンオーバーによって排出されるため、少しずつ薄くなるのが特徴です。

ただし、アートメイクは完全に消えるわけではなく、色素が薄くなることで見た目上は消えたように見えることから、このような2つの見解が存在していると言えるでしょう。

アートメイクを早く消す・薄くする方法を解説

SNS上では、アートメイクを消したいという声が一部で見受けられています。まずは、なぜアートメイクを消したいと感じているのかに迫ります。

アートメイクを消したい人の声

  • 眉のアートメイク入れた当初は大満足だったけど、顔のパーツ的にこの眉毛じゃないな〜と思い始めて1日でも早く消したい(X
  • アートメイク2回目除去で濃くなってほんと無理、早く消す方法知りたい(X
  • 眉毛アートメイク3回やったんだけど、気に入らないから消したいX
  • アートメイク、明らかに失敗されてるのでレーザーで消したいX
  • 5年前に入れたアートメイクは少しぼやけて汚い。薄くなる方法あるのかな(X

「アートメイク・消したい」で検索すると、早く消す方法や薄くなる方法を求めている人が多い印象です。

アートメイクを消したい理由は?

アートメイクを消したい理由はさまざまですが、一般的には以下のような要因があげられます。

  • 施術に不満
  • 好みやトレンドの変化
  • 職業やライフスタイルの変化

美容の好みやトレンドは時代とともに変化します。また、新しい職場やライフスタイルの変化に伴い、アートメイクを早く消す方法を知りたい人もいるでしょう。

薄くする方法を知りたい人の中には、仕上がりが希望通りにならず失敗したという声も。アートメイクを消すには時間や費用も掛かります。

めりも

このような事態を生まないために、実績のある経験豊富なクリニックで後悔しないアートメイク施術をしましょう

年間症例数6万件以上!
メディカルブローなら
理想のデザインに仕上げます!/

メディカルブロー公式サイトはこちら

アートメイクを薄くする方法

思ったより濃くなってしまったアートメイク、薄くする方法はあるのでしょうか?近年では韓国サロンでの失敗例も報告されています。

こちらの章では、アートメイクを薄くする方法・目立たなくする方法を解説します。

新陳代謝を促す

新陳代謝を促すことで、アートメイクの色素を薄くする効果が期待できます。肌のターンオーバーの周期は年齢によって遅くなるため、代謝が良くなる生活を心がけましょう。

代謝が良くなる方法

  • 適度な運動
  • 充分な睡眠
  • 栄養バランスの取れた食事
  • サウナなどで汗をかく

時間はかかりますが、肌へのダメージが少なく自然にアートメイクを薄くする方法と言えるでしょう。

楽天でおすすめの「代謝アップサプリメント」>>

ピーリングで角質を除去する

アートメイクを薄くする方法として、ピーリング化粧品の利用も効果的です。

ピーリングとは

皮膚に専用のジェルやクリームを塗布して、肌表面にある古い角質を柔らかくして取り除き、肌のターンオーバーを促す美容法。

ピーリング効果のある化粧品を使用することで、アートメイクのインクが古い角質と一緒に排出され、次第に薄くなりますしかし、過度なピーリングは皮膚を傷つけ、乾燥や肌荒れを引き起こす可能性もあります。

また、眼球に近いアイラインのアートメイクには使用できません。多くのクリニックでは、アートメイクを長持ちさせるため、施術前後にピーリングを控えるようアドバイスしています

めりも

ピーリング化粧品は、肌の状態に合わせて適切に使用しましょう。

Amazonの「ピーリング」売れ筋ランキング>>

除去クリームによる除去

除去クリームを使用し、肌のターンオーバーを促進して色素を輩出できる方法があります。毎日使用することで色素が薄くなり、約1年で除去効果が期待できます。

メリットとしては、施術に伴うダウンタイムやかさぶたの心配がなく、日常生活に影響しない点。デメリットは、効果を実感するまでに半年~1年時間がかかるため、即効性はありません。

また、天然成分ではない化学薬品を毎日皮膚に塗布するので、肌へのダメージも気になります。

Amazonで「アートメイク除去クリーム」を探す>>

色素注入によるカモフラージュ法

アートメイクを完全に除去するのではなく、肌と同じ色の色素を注入する「カモフラージュ法」で目立たなくさせることも可能です。カモフラージュ法は、傷跡を隠すために用いられるパラメディカルアートメイクと同様の手法です。

ただし、注入した肌色の色素は一度入れてしまうと、レーザー治療での除去ができません。また、気温や血流の変化、日焼け、加齢によって注入した色素が変化するため、肌色が浮いてしまう点がデメリットとなります。

コンシーラーで隠す

アートメイクを早く消す方法として、最も簡単な方法はコンシーラーです。アートメイクの施術後、1週間が経過して傷口がふさがっていればメイク可能です。

この方法は、一時的な応急処置とも言えますが、濃すぎるデザインを隠したい場合に最適です。

めりも

カバー力のあるものや、汗や水に強いウォータープルーフタイプがおすすめですよ。

【楽天】人気の「コンシーラーランキング」はこちら>>

ファンデーションシールを貼る

早く消す方法を探している方は、眉毛の上に張るだけで自然に眉が隠せる「眉隠シール」がおすすめです。

めりも

コスプレメイクをする人に愛用されている商品です。

汗水にも強く、シールの上からメイクできるので、どうしても隠したい人は試してみましょう!眉アートメイク施術後は少しの刺激でも肌トラブルや炎症のリスクがあるため、ダウンタイム中の眉シールの使用は控えましょう。

楽天で「ファンデーションシール」を見てみる>>

アートメイクの除去方法

ここまでは、アートメイクを早く消す方法、薄くする方法について解説しました。アートメイクを完全に除去したい人は、クリニックでの専門的な除去手術が必要です。

この章では、クリニックで行われているアートメイクの除去方法について、デメリットを踏まえながら解説します。

ピコレーザーによる除去

(画像引用:LUCE CLINIC

ピコレーザーは、アートメイクの除去として一般的に使用される治療法です。

ピコレーザーとは

ピコレーザーは、従来のナノレーザーよりも短い照射時間(パルス幅)でレーザー照射する治療です。シミやそばかす、肝斑、くすみ、色素沈着、タトゥーなどを効果的に除去できます。
ピコレーザーの痛みは、輪ゴムではじかれたようなチクチクする程度の刺激です。

従来のレーザー除去は、黒系や青系の色素が対象でしたが、ピコレーザーの登場で赤系のアートメイクの除去も可能になりました。ピコレーザーによる除去は、肌へのダメージリスクが少なく、安全に早く消す方法として選ばれています。

ただし、使用する機器によっては薄くなりづらい色素もあり、何度も施術を繰り返すことで、デコボコした傷跡が残る可能性があります。

めりも

施術前に医師との相談を重ね、適切な治療プランを検討しましょう。

メディカルブローでは
最新の『ピコレーザー』で
除去が可能です!

メディカルブロー公式サイトはこちら

手術による切除

レーザーで色素が消えなかった場合や、照射できない人は、手術で皮膚を切除する除去方法があります。手術による切除は、1回の施術でアートメイクが除去でき、色素が残りにくい点がメリットです。

また、眉やアイラインの切除では、まぶたを切り取る手術になるため、まぶたのリフトアップ効果も期待できます。しかし、切除手術は1回で終わるものの、抜歯や患部の経過観察など長時間のダウンタイムが必要であり、場合によっては、

  • 傷跡が残ってしまう
  • 切り取った部分の眉毛が生えなくなってしまう

このようなデメリットもあるので、慎重な検討が必要です。

除去剤による除去

(画像引用:BMC CLINIC

除去剤を用いて、アートメイクを除去する方法もあります。この方法は、専用の針を用いて皮膚へ除去剤を注入し、インクを分解する施術です。

除去剤は、赤色の色素にも反応し、脱毛を防げる点がメリット。一方で、除去剤としてFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けている商品が存在しないため、強い炎症など拒否反応や皮膚に傷跡が残るというデメリットもあります。

アートメイクは除去せずに修正を

ここまでは、アートメイクの除去方法について解説しました。アートメイクの除去にはデメリットが多いだけではなく、施術のための費用や時間を要します

アートメイクのデザインが気に入らない場合や薄くなってきた方は、除去せずに修正するのがおすすめですメディカルブローでは、前回のアートメイクから5年以内の方は『他院リタッチ』が可能です。

(画像引用:Medicalblows

他院リタッチは、すでに入っているデザインや色素を考慮しながら施術するため、高い技術力が必要です。メディカルブローでは

  • グランドマスタートレイナー
  • グランドマスター

など、上位ランクの施術者によるリタッチが受けられるので、満足できる仕上がりになりますよ!

めりも

まずは、相談してみましょう!

メディカルブロー公式サイトはこちら

まとめ

アートメイクは一生消えない?早く消す方法・薄くする方法を解説しました。アートメイクは一生消えないので、完全に元の状態に戻すことは不可能です。

理想と違う仕上がりになると「消したい、目立たなくしたい」と後悔する結果を招きます。そのような後悔をしないためにも、事前にクリニックのホームページやSNSで症例画像を比較して、信頼できるクリニックを選びましょう。

年間60,000件の実績で安心!

芸能人から指名の多い
【グランドマスター】の施術が
\今なら2万円OFF!/

メディカルブロー公式サイトはこちら

-ビューティ―コラム