ビューティ―コラム

【眉・アートメイクの10年後】年取ったら後悔する?綺麗に保つ秘訣

※当ページはプロモーションを含みます。

アイキャッチ

アートメイクは、メイク時間を短縮したい人やすっぴんに自信を持ちたい方にとって非常に魅力的な美容法です。しかし、若い時に施術したアートメイクが10年後どのように変化するのか気になりますよね?

この記事では、アートメイクの持続性や後悔の可能性に焦点を当て、『10年後、年取ったらどうなるのか』に迫ります。綺麗に保つ秘訣も合わせてご紹介します。

めりも

いつまでも美しさを追求したい女性の悩みに寄り添います!

アートメイク関連記事はこちら

  1. 【芸能人御用達のメディカルブロー】失敗・後悔の体験談を徹底調査
  2. メディカルブローで施術した芸能人は店舗・施術担当者・体験談を公開!
  3. 【眉・アートメイクの10年後】年取ったら後悔する?綺麗に保つ秘訣
  4. 【アートメイク】おばあちゃんでも施術は可能か?眉施術事例や危険性を解説
  5. 【アートメイク】保険に入れない?洗顔してしまった!自眉はどうなる?体験者の口コミを紹介
  6. アートメイクは危険?できない人は?変色・MRIのやけどのリスクと手術の影響
  7. アートメイクは一生消えない?早く消す・薄くする方法を解説!消したい人必見
  8. 国アートメイクの落とし穴!失敗談から学ぶ、日本と韓国の施術の違と危険性
  9. 【ヘアライン・生え際アートメイク】失敗談は?持ちが悪い?7つのデメリットを解説
  10. 薄毛・生え際にお悩みの方必見!メンズ向け頭皮アートメイクとは?【症例画像あり】

芸能人から指名の多い
【グランドマスター】の施術が
\今なら2万円割引!/

メディカルブロー公式サイトはこちら

アートメイク10年後年取ったら後悔するのか?

アートメイクは10年後、年取ったら後悔する可能性はあるのでしょうか?結論から申し上げると、

後悔する可能性はあります。

アートメイクの色素は一度施術すると、完全に消えることはありません。しかし、年齢を重ねて肌の質感が変化すると、アートメイクの色が浮いて見えたり、ぼやけたりすることがあります。

こちらの章では、10年後、年取ったら起こりうる肌の変化や後悔ポイントについて解説します。

加齢による皮膚の老化

加齢による皮膚の老化がアートメイクに与える影響について解説します。

肌のたるみ

肌のたるみが生じると、アートデザインが歪んで見えることがあります。特に目元は、瞼の重みでたるみが出やすいため、目元のアートメイク施術をしている人は要注意。

(画像引用:medicalbrows

  • 囲みアイライン
  • 目尻のハネ上げアイライン

これらの施術をしている人は、たるみによって本来のラインが変化し、メイクの位置や形状が崩れてしまう可能性があります。

シワ

シワが刻まれると、アートメイクの色がシワに沿って流れやすくなります。特に口元や目元などのシワが目立つ部分では、アートメイクの色が広がってしまう場合もあります

色素沈着

肌の色素沈着が進むと、アートメイクの色がくすんで見える場合も。特に眉毛やアイラインなど、年齢が出やすい目元は余計に老けた印象になりやすいので注意が必要です。

消したいときは除去施術が必要

アートメイク施術後、アートメイクの必要性を感じなくなる人も一部でいます。

  • 流行の太眉から細眉に戻したい
  • 茶色から黒色に変更したい
  • 気分や髪色によって眉デザインを変えたくなった

さらに、アートメイクは、

年取ったら自然に薄くなるから問題ないだろう

と考えている人もいるでしょう。アートメイクは、消したいと思った時には専用の除去施術が必要です。

(画像引用:ZiZCLINIC

除去するためには複数のレーザー施術が必要となり、費用と手間がかかるだけではなく、皮膚の負担も大きくなります。施術後に後悔しないためにも、アートメイクを受ける前には、将来の肌の変化や除去の可能性について考慮することが賢明です。

眼瞼下垂の手術でバランスが崩れる

(画像引用:東京新聞

10年後、年を取ったら眼瞼下垂症になるリスクも高まります

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂は、上眼瞼が下がってくる状態のことです。上部の視野が狭い、眼が開きにくい、瞼が重いという症状があります。

眼瞼下垂を根本的に治療するためには、まぶたを上げる筋肉の手術が必要です。しかし、アートメイクで描かれた眉は、本来の位置よりも下にデザインされていることが一般的です。

そのため、アートメイクをした人が眼瞼下垂の手術を受けると、眉と睫毛の間が近くなりすぎてしまい、バランスが崩れ、見た目に影響が出る可能性があります眼瞼下垂手術を行う一部のクリニックでは、

眉のアートメイクは入れないでください

このように注意喚起をしている場合もあります。(参照:札幌美容外科

眼瞼下垂の主な原因は加齢によるものとされていますが、近年では10代、20代の若い人にも増えている症状です。年取ったら後悔しないためにも、眉のデザインに注意し将来を見据えた施術方法を選択しましょう!

めりも

じっくりカウンセリングを受けたい方はメディカルブローがおすすめです

\症例数の多いメディカルブローでは、様々な悩みに対応できる施術者が揃っています/

メディカルブロー公式サイトはこちら

10年後も綺麗に保てる秘訣は?

10年後もアートメイクを綺麗に保つための秘訣を解説します。

定期的なメンテナンスとリタッチ

アートメイクは皮膚の浅い層に色素を施すため、肌のターンオーバーとともに色素も排出されていきます。色素が定着するまでに2回以上の施術が必要であり、綺麗な状態を維持するためには定期的なメンテナンスやリタッチが必要です。

『年取ったら眉のデザインが合わなくなった』

という人もいるでしょう。アートメイクのデザインは流行やトレンドも変化するため、定期的なリタッチを活用することで、常に最新のアートメイクを楽しめるというメリットもあります。

メディカルブローでのリタッチ価格を見てみる>>

メディカルブロー公式サイトはこちら

紫外線対策

アートメイクの美しさを長く保つためには、紫外線対策も欠かせません。特にアートメイクは皮膚の浅い層に色素を施すため、紫外線による影響を受けやすく肌にダメージを与え、色素沈着や色褪せの原因になります。

めりも

日ごろから日焼け止めやUVカット効果のある帽子、サングラスなどを使用して、こまめな対策をしましょう。

信頼できるクリニック選びが大切

アートメイクを受ける際は、信頼できるクリニック選びが大切です。美容のプロフェッショナルであるメディカルブローでは、多くの芸能人が施術を体験しています。

メディカルブローで施術した芸能人はこちら

また、年間症例数は60,000例以上と実績の高さが魅力です。年取ったらその後が心配という方は、ぜひメディカルブローに相談してみてくださいね!

めりも

カウンセリング予約はこちらから簡単にできますよ!

メディカルブロー公式サイトはこちら

まとめ

【アートメイクの10年後】年取ったら後悔する?綺麗に保つ秘訣を解説しました。10年後のアートメイクを綺麗に維持するためには、信頼できるクリニック選びが大切です。

加齢によるお肌の状態は個人差があるため、相談しやすいクリニックを選びましょう!幅広い世代の施術実績のあるメディカルブローでは、さまざまな質問に対応できるスタッフや看護師が多く揃っています。

悩みがある方、心配な方はしっかりカウンセリングを受けてから、施術を検討してくださいね。ご覧いただきありがとうございます。

メディカルブローでは、プロのアートメイクアーティストさんが1本1本丁寧に描く6Dストロークが体感できます。

\カウンセリング予約は公式ページから簡単に予約できます/

今ならお得な2月キャンペーン実施中!で最大2万円割引が受けられるチャンス!

メディカルブロー公式サイトはこちら

-ビューティ―コラム