深掘り記事

マーシャルヘッドホンの偽物と本物の見分け方|Amazonで購入する際はここをチェック!

※当ページはプロモーションを含みます。

アイキャッチ

マーシャルのヘッドホンは、その独特なデザインと高品質なサウンドが魅力です。

めりも

近年ではファッション感覚で身に付けている人も多いですよね!

しかし、偽物情報の報告も増えています。特にAmazonなどのオンラインストアでは、購入者が直接商品を確認できないため、偽物を見抜くことが難しい状況です。

本記事では、マーシャルヘッドホンの偽物と本物の見分け方、Amazonで購入する際のチェックポイントを解説します。安心してオリジナルのマーシャルヘッドホンを手に入れるために、この記事を参考にしてくださいね。

(トップ画像引用:完実電気

関連記事

偽物情報の調査

マーシャルヘッドホンの偽物情報について、SNSの声を調査しました。

マーシャルのヘッドホン欲しくてアマゾンで見てたら47%オフでめっちゃ安くなってたけど絶対パチだよね(Twitter

マーシャルを騙る粗悪なオーディオ製品がヤフオクなどのフリマサイトで出回っている(Twitter

マーシャルのワイヤレスヘッドホンとかは偽物と思われるやつaliにも沢山あるTwitter

Twitterを検索すると、アマゾン、アリエクスプレスなどのオンラインサイト、さらにフリマサイトでも偽物情報がありました。

公式サイトからの報告も

マーシャルの商品は、日本の商社である完実電気株式会社が正規販売元として商品を取り扱っています。完実電気の公式Twitterでも偽物の報告がありました。

「大手ECモール出店の並行輸入品販売においても独自調査で偽造品が見つかりました。(Twitter)」


「マーシャルのヘッドホン(Zound Industriesとのコラボ製品)がAmazonにて偽物が出回っています。Twitter)」

公式サイトによる注意喚起

(画像引用:完実電気

完実電気では、ブランド製品の模倣品の流通情報を公表しており、クオリティが粗悪、正規品と比べて明らかな違いがあると、公式サイトで注意喚起しています。

完実電気では、これらの商品の修理や交換について、

製品のサポートは
一切受け付けていません。

また、こちらの記事内容については、完実電気様の公式Twitterで紹介いただいております。

マーシャルヘッドホンの偽物と本物の見分け方

マーシャルヘッドホンの偽物と本物、一体どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの見分け方について、完実電気の情報を基に詳しく解説します。

見分け方①箱の側面のシール

見分け方のポイントは、「箱の側面のシール」です。販売元である完実電気では、

「基本的に全ての商品にシールを貼り付けています」

と投稿しています。(Twitter)マーシャルヘッドホンが届いたら、すぐに箱のシールを確認してください

見分け方②LEDの明るさ

(画像引用:完実電気公式Twitter

マーシャルヘッドホンのLEDの明るさは、どの角度から見ても一定です。しかし、偽物の場合は正面以外の角度から見ると、影が出て暗く見える場合も。

また、偽物ではLEDが奥まっているため、明かりが鮮明でない場合は偽物の可能性が高くなります。

見分け方③コントロールノブ

(画像引用:完実電気公式Twitter

コントロールノブの仕様についても違いがあるようです。本物のコントロールノブは、緻密に削り出されており、滑らかで均一な仕上がりです。

一方、偽物では切断面の粗さが目立ちます。また、コントロールノブの色も本物と偽物では微妙に異なります。

  • 本物…真鍮色(しんちゅういろ)
  • 偽物…金メッキ

本物のコントロールノブは、真鍮の深い色合いをしており、使い込んでいくうちに味わいが増します。偽物は金色のメッキが施されていることも。

金メッキは光り輝いて見えますが、スプレーで仕上げられているため、安っぽい印象です。

見分け方④ヒンジ部のロゴ

(画像引用:完実電気公式Twitter

マーシャルヘッドホンのヒンジ部には、ロゴが刻印されています。(※モデルによりロゴ文字は異なります)画像のロゴ文字は『IV』がデザインされていますが、文字の先端が角ばっているのが本物です。

一方、文字の角に丸みがかかっているロゴは、偽物の可能性が高いでしょう。

見分け方⑤QRコード

(画像引用:完実電気公式Twitter

ヘッドパッドの内側には、商品の識別や認証に必要なQRコードが印字されています。偽物のヘッドホンにも、本物と同じようにQRコードが印字されていますが、画像を読み込むと別の商品のシリアルナンバーが流用されている場合も。

Yahoo!知恵袋でも「QRコードにおかしな数字が出てきた」という報告がありました。

QRコードを確認する際には、独自のシリアルナンバーが割り当てられているかどうかを確認し、偽物と本物を区別してください。

見分け方⑥安すぎる価格設定

明らかに安すぎる価格設定は、偽物の可能性が高いです。一部のECサイトでは、1万以下で購入できるものも存在します。

最新モデルの公式価格は以下の通りです。

公式価格

「MAJORIV」:20,980円(税込)
「MONITORⅡ A.N.C.」:42,980円(税込)
「MONITORⅡ A.N.C. DIMOND JUBIEE」:54,980円(税込)

めりも

安さに飛びついてしまうのは危険です。

極端に安い商品は、模造品など非正規商品の可能性が高いので、信頼できる正規ショップから購入しましょう

楽天で「マーシャルヘッドホン」の価格を確認する>>

正規店であるかを見極めるポイント

マーシャルヘッドホンを購入する際は、偽物との見分け方だけではなく、オンラインショップの信頼性も確認することが重要です。怪しいショップからの購入は、偽物や低品質のリスクが高まります。

こちらの章では、正規店であるかを見極めるポイントを解説します。

アリエクは要注意!

(画像引用:AliExpress

めりも

アリエクは1万以下の商品が多いですね

アリエクスプレスは、中国の大手企業であるアリババが運営する海外向けの通販サイトです。さまざまな商品を安く提供していますが、中には商標権を無視して製造されたスーパーコピー商品も確認されています

「アリエクスプレスで販売されているブランド品の99%が偽物である」という噂も。

アリエクから大量に商品を仕入れて、メルカリなどでせどり行為を行う転売業者も存在します。中国価格で仕入れた商品が本物である保証は薄く、適正価格が大きく外れている場合は疑った方がいいでしょう。

Amazonはココをチェック!

Amazonでも多くのマーシャルヘッドホンを販売しています。Amazonで検索すると、以下のように【類似商品】が表示されることもありますよね。

(画像引用:Amazon

販売元情報を見てみると、さまざまなショップの名前が記載されています。正規店以外のサイトは公式と同じ画像を使用し、本物に近い販売価格で出品している業者もあるため、判断が難しくなります。

非正規サイトの口コミを見てみると、

  • 破損した状態のものが届いた
  • ヘッドホンが汚れていた
  • 充電ができない
  • Bluetoothがつながらない

など、多くの不具合が見受けられます。

販売元を必ず確認

Amazonで購入する場合、販売元に下記の表記があるショップが正規販売店となります。

『Marshall公式ストア,』

※『,』(カンマ)を入れた表記までが正式名称です。

購入前には以下の画像を参照に、販売元情報をしっかりとチェックしましょう。

(画像引用:Amazon

Amazon「Marshall公式ストア」はこちら>>

安心して購入する方法

ここまでは、マーシャルヘッドホンの見分け方について、販売元である完実電気の情報を基に解説しました。偽物の品質や仕上げはますます巧妙になっており、細部の違いだけで見分けることは難しくなっています。

そのため、本物のマーシャルヘッドホンを安心して購入するなら、正規販売店で購入しましょう。

正規取扱店

マーシャルヘッドホンの正規取扱店情報はこちら

<家電量販店>

  • コジマ
  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
    ヨドバシカメラ
  • ラオックス
  • ケーズデンキ
  • ノジマ
  • エディオン
  • ソフマップなど

<楽器店>

  • 山野楽器
  • 島村楽器
  • 石橋楽器店など

<雑貨店>

  • ロフト
  • PLAZAなど

全国、さまざまなショップで購入が可能です。

めりも

お近くにお店がある場合は、オンラインショップより安心ですよ。

楽天「Marshall公式ストア」はこちら>>

お試しレンタルサービスもおすすめ

(画像引用:完実電気

完実電気では、オーディオ機器のレンタルサービスも可能です。マーシャルヘッドホンを自宅の機材に接続できるため、購入前に音を体感したいという方にぴったりです。

レンタル後に購入する場合は、オンラインショップで使える割引クーポンもつくのでお得ですよ。購入しない場合も、レンタル品は返却できるので安心です。

偽物購入のリスク

ヘッドホンはマーシャルの商品だけではなく、beatsなど人気メーカーの偽物も多く出回っています。偽物を購入してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

法的リスク

偽物商品を購入してしまった場合は、知的財産権の侵害など法的なリスクにさらされる可能性があります。以下のように逮捕事例も報告されています。

逮捕事例

  • 偽クロックスを中国から輸入して3人逮捕(日経新聞
  • 鬼滅グッズを違法販売の疑いで男女を逮捕(産経新聞

違法な商品の取引には関わらないように注意しましょう。

Amazon「Marshall公式ストア」はこちら>>

安全性に関するリスク

低品質な素材で作られた偽物のヘッドホンは、安全面でのリスクが生じます。例えば、劣悪な品質のバッテリーは、発火や爆発の恐れも。

また、模倣品は音響の安定性にも問題があるため、不快な音量で聴覚を傷つける可能性もあります。オーディオ機器は音楽を楽しむためのものですが、直接身に付ける商品なので慎重な選択が大切です。

楽天「Marshall公式ストア」はこちら>>

マーシャルヘッドホンの
音質や装着感の口コミを
まとめた記事はこちら

まとめ

マーシャルヘッドホンの偽物と本物の見分け方について詳しく解説しました。こちらで解説したいくつかのポイントを押さえることで、偽物のリスクを減らせます。

しかし、これらの情報は完全な見分け方ではありません。公式サイトやメーカーの情報を確認し、購入の際は必ず信頼できるショップから購入してください。

ご覧いただきありがとうございます。

-深掘り記事