ビューティ―コラム

【アートメイク】おばあちゃんでも施術は可能か?眉施術事例や危険性を解説

※当ページはプロモーションを含みます。

アイキャッチ

近年、年配者のアートメイクの希望者が増えています。

Yahoo!知恵袋には、

67歳の母がアートメイクを受けたいというのですが、心配です。(照URL

80歳になるおばあちゃんが眉毛のアートメイクを入れたいと言ってきました。(参照URL

このような質問も寄せられています。本章では、年配者がアートメイクに興味を持つ理由や需要の増加の背景に迫りつつ、

  • おばあちゃんでも施術は可能か
  • 年配者のアートメイクの施術事例
  • 危険性や注意点

について詳しく解説します。

(トップ画像引用:PRTIMES

アートメイク関連記事はこちら

  1. 【芸能人御用達のメディカルブロー】失敗・後悔の体験談を徹底調査
  2. メディカルブローで施術した芸能人は店舗・施術担当者・体験談を公開!
  3. 【眉・アートメイクの10年後】年取ったら後悔する?綺麗に保つ秘訣
  4. 【アートメイク】おばあちゃんでも施術は可能か?眉施術事例や危険性を解説
  5. 【アートメイク】保険に入れない?洗顔してしまった!自眉はどうなる?体験者の口コミを紹介
  6. アートメイクは危険?できない人は?変色・MRIのやけどのリスクと手術の影響
  7. アートメイクは一生消えない?早く消す・薄くする方法を解説!消したい人必見
  8. 韓国アートメイクの落とし穴!失敗談から学ぶ、日本と韓国の施術の違と危険性
  9. 【ヘアライン・生え際アートメイク】失敗談は?持ちが悪い?7つのデメリットを解説
  10. 薄毛・生え際にお悩みの方必見!メンズ向け頭皮アートメイクとは?【症例画像あり】

今だけ!最大20,000円割引!
\ランクの高い施術がお得!/

メディカルブロー公式サイトはこちら

おばあちゃん世代がアートメイクを受けたい理由

おばあちゃんがアートメイクを受けたい理由は、生活の価値観が変化していること、そして、美容の意識が高まっていることが挙げられます。シルバー世代の方々の声によると、加齢による視力低下が進む中で、眉を描く作業が煩わしく感じることもあるようです。

その他にも、

  • 入院をする時に眉がないと恥ずかしい
  • 朝のメイクが面倒になった
  • メイク崩れを気にせずに過ごしたい
  • いつまでも綺麗な見た目を維持したい

このように、加齢によって生じる不便や、日常生活におけるさまざまなシーンで利便性を求める声があります。さらに、アートメイクを通じて自分の美しさをキープしたいといった美容意識の高まりも要因のひとつと考えられます。

年配者の施術者数が増加中!

(画像引用:PRTIMES

東京イセアクリニックの調査によると、2020年から2022年にかけて年配者のアートメイクの施術者が増加していることが分かります。

【世代別増加例】

  • 50代…8.2%→13.5%
  • 60代…2.4%→5.0%

60歳以上のシルバー世代は2.1倍に増加しており、アートメイクへの関心や需要が高まっていることを示しています。

娘からのプレゼント需要も

東京イセアクリニックには、娘さんからの勧めやプレゼントで来院される方も増えているのだとか。アートメイクは自己表現の手段として位置づけられており、娘が母や祖母にプレゼントすることで、年配者が自分の美しさに対する意識を高めるきっかけとなっているようです。

めりも

アートメイクの価格や費用を確認したい方は、年間60,000件の症例数を誇る『メディカルブロー』で確認してみましょう!

メディカルブロー公式サイトはこちら

技術の進化

年配者のアートメイクへの需要が増加する背景には、過去のアートメイクと現代の技術の進化が大きく影響しています。年配者が知っている以前のアートメイクは、「海苔」のようにべったりと眉にインクを入れ込んだアートメイクが一般的でした。

(画像引用:PRTIMES

「ベタ塗り眉」や「刺青風のアートメイク」の時代は終わり、近年では、1本1本を丁寧に仕上げる自然な仕上がりが可能です。こうした技術の進化もあり、年配者からの需要が高まっていると考えられます。

メディカルブローでは、超極細の専用ニードルを用いた『6Dストローク』と呼ばれる最新技術により、繊細で自然な見た目のアートメイクが可能です。

\6Dストロークは日本初の最新技術です/

メディカルブロー公式サイトはこちら

年配者向けのアートメイク施術事例

症例数の多いメディカルブローでは、幅広い年齢層の施術事例の画像が、インスタにアップされています。

(画像参照:スタ

めりも

すごく自然な仕上がりですよね♪

年齢が高くなると、肌の弾力や血行が低下するため、施術が難しいという誤解がありますが、おばあちゃんでもアートメイクは可能です。ただし、個々の肌の状態や体調にもよるので、しっかりと施術実績のあるクリニックで相談しましょう。

メディカルブローの施術スタッフは、医師または看護師が担当しており、万が一肌トラブルがあってもサポート体制が整っています。

メディカルブロー公式サイトはこちら

年配者がアートメイクを受ける時の危険性

アートメイクは一般的に安全な美容施術であり、多くの場合は問題なく施術可能です。しかし、年配者がアートメイクを受ける際には注意が必要です。

本章では、年配者がアートメイクを受ける時の危険性を解説します。

アレルギー反応や感染のリスク

アートメイクは医療針を直接肌に刺してインクを注入する施術です。そのため、薬剤によるアレルギー反応が起こる可能性があります。

また、衛生管理を徹底していないクリニックでは、傷口から細菌が入り、化膿や感染症を引き起こす危険性があります。

めりも

特に免疫力が低下している年配者は、これらのリスクに注意が必要です。

【メディカルブローの衛生管理】

アートメイクで使用される医療用の針(ニードル)は、すべて新しいものを患者様の目の前で開封し、ご確認いただいております。また、その他医療器具についても滅菌消毒を必ず行い、徹底した衛生管理のもとで施術いたします

メディカルブロー公式サイトはこちら

MRI検査のリスク

年配者はさまざまな健康上の要因を抱えていることがあります。アートメイクで使用するインクに多量の酸化鉄(金属)が含まれている場合は、MRI検査を受けられない可能性があります。

近年では、MRIに反応しないインクを使用するクリニックも存在し、ほとんどの場合MRI検査は問題なく受けられると言われています。しかし、インクには微量ながらも金属質が含まれているため、今後MRI機器の進化に伴いインクに反応してしまうリスクもあるでしょう。

めりも

MRIを受ける際は、必ず医療機関にアートメイクをしていることを伝えましょう。

眼瞼下垂の症状がある人は要注意

『眼瞼下垂症』は、まぶたが下がってきて見えにくくなる病態です。眼瞼下垂症の最も多い原因は、加齢による筋力の低下や皮膚のゆがみと言われています。

札幌美容整形外科によれば、アートメイク施術後に眼瞼下垂の手術をすると、眉と睫毛の間が近くなり、左右の目のバランスが悪くなると指摘しています。

(画像引用:札幌美容整形外科

そのため、眼瞼下垂の症状があり、アートメイクを検討している方は細心の注意が必要です。

メディカルブローでは、

患者様の理想とされる眉をしっかりと把握し、「黄金比」を用いてお一人おひとりに最適なデザインをご提供します。患者様がご納得された上で施術を開始しますのでご安心ください。

メディカルブロー公式サイトはこちら

おばあちゃん世代の口コミ

アートメイクの施術を受けた、70歳以上のおばあちゃん世代の方の口コミを見てみましょう。

「化粧せずともプロがメイクしたような美しい眉で、毎日をスタートできることが嬉しい。」

「急な来客も安心。眉が整うだけで自分らしく自信をもって毎日を過ごせる」

「なにかあった時でも、眉がある(微笑)この日々の安心感は、かけがえのないものだと感じる」

これらの口コミからは、アートメイクがおばあちゃん世代の生活にポジティブな変化をもたらしていることがうかがえます。人生100年時代と言われる昨今、自分の生活に変化を添えるアートメイクがさらに注目されることでしょう!

まとめ

【アートメイク】おばあちゃんでも施術は可能か?施術事例や危険性を解説しました。アートメイクは、年齢に関係なく、おばあちゃん世代でも施術は可能です。

しかし、眼瞼下垂症や感染のリスクなど、加齢に伴う危険性もあります。アートメイクを検討している方は、クリニックのカウンセリングをしっかり受けましょう。

もし、お母さまやおばあちゃんからアートメイクを受けたいと要望があった場合は、信頼できるクリニックを選びましょう。

メディカルブローでは医療従事者(メディカルスタッフ)による施術が可能で、年間症例数は60.000例以上と、国内でも有数の実績を誇ります。

まずは、ご家族様と一緒にカウンセリングで相談することをおすすめします。

今なら信頼できるクリニックで最大2万円割引実施中!

キャンペーン締め切りわずか!詳細は公式ページをご覧ください

メディカルブロー公式サイトはこちら

ご覧いただきありがとうございます。

-ビューティ―コラム