深掘り記事

【ヴェルサーチの時代遅れ説】世間のイメージと現実とのギャップ

※当ページはプロモーションを含みます。

アイキャッチ

「ヴェルサーチは時代遅れ」という言葉を耳にすることがあります。バブル期に一世風靡し、その派手なデザインが現代のファッションシーンとは対照的に捉えられ、ネガティブなイメージが根強く残っています

しかし、1997年に起きた悲しい事件や、日本市場からの一時撤退など、数々の困難を乗り越え、ヴェルサーチは再び脚光を浴びています。

本記事では、ヴェルサーチが時代遅れと言われる背景と、実際のヴェルサーチの状況を比較し、そのイメージと現実のギャップに焦点をあて、時代遅れ説の真偽を探っていきます。

ファッション関連記事はこちら

  1. 【SHEIN】発がん性やパクリ疑惑?ひどい評判の真相|安かろう悪かろうは本当?
  2. ショップリストはどこの国のイト?詐欺やキャンセルの真相を徹底調査
  3. マンハッタンポーテージは時代遅れなの?調べた結果を公開!
  4. ミズイロインドの年齢層を徹底解析<価格・レビュー・コーデ分析>
  5. 45Rと45RPMの違いを解説|着てい人は?ダサい評価はあるの?
  6. ダメージジーンズ時代遅れ?NGコーデ・<男女別>今っぽい着こなし方
  7. YALEなぜ人気?カレッスタイルの魅力とおすすめの着こなし6選
  8. ハッシュパピーの年齢層は?購入層・コーデ・アイテム別に徹底分析!
  9. cocaは安っぽい?40代・50代コーデから年齢層とい理由を徹底解剖!
  10. カーゴパンツは時代遅れ?おっさん?5つのダサい理由を女性目線で解説

ヴェルサーチが時代遅れと言われる理由

ヴェルサーチはなぜ時代遅れといわれるのか、その背景に迫ります。

バブル期に流行したブランド

1980年代から1990年代初頭のバブル期は、ファッション産業が反映し、特に高級ブランドが注目されていました。この時代のヴェルサーチは派手なデザインが多く、個性的なスタイルがファッション界に新たな風をもたらしました

しかし、バブル経済崩壊とともに、ヴェルサーチのようなブランドは「高価で過剰に派手なブランド」というイメージを持たれ、

  • バブルの象徴
  • 時代遅れのサラブレッド

などと酷評されるようになったのです。

田舎のヤンキーが着ているイメージ

(画像引用:WEAR

一部の人々の間では、ヴェルサーチは、

田舎のヤンキーが着ているブランド

というイメージが広まっています。ヴェルサーチの派手で大胆なデザインは、一部の地域や特定のサブカルチャーの間で愛され、着用されてきました。これにより、

  • 田舎のヤンキー
  • DQNブランド

といったイメージが形成されたことも、「時代遅れ」と評される理由のひとつと言えるでしょう。

ラッパーの影響

(画像引用:MINARI

1990年代から2000年にかけて、ヴェルサーチはラッパーの間で人気ブランドとしての地位を確立していました。特に、2Pacやノートリアス、B.I.Gなどの人気ラッパーがヴェルサーチを愛用し、その個性的なデザインはラッパーたちのスタイルに不可欠な要素となりました。

しかし、2010年代以降、ラッパーのファッショントレンドが変化し、ストリート系やハイブランドにシフトします。その結果、ヴェルサーチは「時代遅れ」というイメージが強まったと考えられます。

メデューサのイメージ

(画像引用:BUYMA

ヴェルサーチの象徴的なモチーフである「メデューサ」は、蛇の髪を持つ恐ろしい怪物として知られています。その不気味な見た目から、怖い、邪悪などのネガティブな印象を持つ人も一部でいるようです。

この恐ろしい怪物をブランドアイコンにした理由には、ヴェルサーチ設立者のジャンニ・ヴェルサーチのビジョンにあります。メデューサが表現しているのは、『伝統と古典的雰囲気に対するヴェルサーチの愛着』であり、

輝き・独創性・スタイルで観客を驚かせたい

というジャンニ・ヴェルサーチの強い思いが込められています

ヴェルサーチの悲しい事件

ヴェルサーチが時代遅れと言われ人気が低迷した背景には、ヴェルサーチの悲しい事件が関係しています

事件の内容

1997年7月、ヴェルサーチの創業者であるジャンニ・ヴェルサーチがアメリカのマイアミビーチにある自身の別荘で殺害されました。

犯人はその後、拳銃自殺し事件の真相は闇に包まれることに。この衝撃的な事件は、ヴェルサーチのブランドイメージにも大きな影響を及ぼしました。

ヴェルサーチの変革と現状

ヴェルサーチは、一部の人々の間で「時代遅れ」と評されることがありますが、現在ではその状況が変わりつつあります。ヴェルサーチの変革と現状について、詳しく探求してみましょう!

ヴェルサーチからヴェルサーチェへ

めりも

「ヴェルサーチ」は、既に古い名前だということを知っていますか?

1978年にジャンニ・ヴェルサーチがイタリアミラノで立ち上げたブランドは、彼の死後1997年からジャンニの妹であるドナテラがアーティスティックディレクターとしてブランドを引き継いでいます。日本では2009年に一時撤退。その後、2011年から新たな経営体制で再上陸しています。

(画像引用:fashionsnap

その後、長らく「ヴェルサーチ」として愛されてきたブランド名は、2018年10月から

「ヴェルサーチェ」

に変更しています。ヴェルサーチジャパンは社名変更に際し、

「グローバルに展開するVERSACEのメンバーとして、より一層の結束力を高め、VERSACEファンを一人でも増やしていこうとする強い意思も込めている」

とコメントを発表。

ヴェルサーチェは名前の変更を機に、ブランドの変革を遂げ、現代のファッション業界で再復活を果たしています。

K-POPアイドルがワールドアンバサダーに就任

(画像引用:VOGUE JAPAN

ヴェルサーチェは今までも、レディー・ガガやマドンナをキャンペーンモデルに起用して話題を集めてきました。

めりも

BTSのジョングクがFIFA・W杯でヴェルサーチェを着用したことも話題になりましたよね。

2023年、ヴェルサーチェの新たなグローバルアンバサダーとして、K-POPグループ「ストレイキッズ」のヒョンジンが就任しています。圧倒的なステージパフォーマンスでひと際存在感を放つヒョンジンをイメージキャラクターに起用したことで、ブランドの変革の重要なきっかけとなっています。

この新たな展開により、ヴェルサーチェは再びファッション業界で注目を集め、新たなファン層を魅了しています

日本のアンバサダーは清野菜名さん

(画像引用:WWD

日本では、俳優の「清野菜名」さんが2021年から、ヴェルサーチェのアンバサダーを務めています。アンバサダー就任にあたり、

ヴェルサーチェファミリーの一員となり、日本でブランドを代表できることをとてもうれしく思います。身に着けたその瞬間、今までになくかっこいい女性になったようで、『ヴェルサーチェ』のコレクションを着ることで新しい自分を体験しました

と喜びを語っています。若い世代から絶大な支持を受けている清野菜名さんの就任により、ヴェルサーチェは若い世代をターゲットに魅力的で憧れのブランドへと進化しています。

若い世代に再評価されている

国内最大級のコーディネートサイト「WEAR」では、20代~30代の若い世代からの投稿が多数見受けられています。

メンズコーデ

(画像引用:WEAR

「VERSACE」のロゴが際立つTシャツやコートなど、シンプルスタイルが多く投稿されています。

楽天で「ヴェルサーチェのTシャツ」を見てみる>>

レディースコーデ

(画像引用:WEAR

レディースコーデでは、バッグやベルトなどさりげなくコーデに取り込む投稿が多い印象です。派手なデザインのアイテムは、インナーやスカーフで控えめに取り入れることで、大人な雰囲気を醸し出しています。

めりも

昔流行ったギラギラした感じよりも、シックで大人のコーデが好まれているようですね!

ヴェルサーチェの人気アイテムランキングはこちら(Yahoo!ショッピング)>>

復活を遂げたヴェルサーチェの企業戦略

(画像引用:VERSACE

ヴェルサーチェは、2019年のコレクション以降、自社製品への毛皮の使用を段階的に廃止しています。また、原材料のライフサイクル全体を考慮し、

  • CO2排出量
  • 水の使用量
  • 廃棄物の発生

これらを削減する取り組みを通じて、環境保護と持続可能な社会を実現するための、新たな企業戦略を打ち出しています。

このようなファッション業界の取り組みは、既に毛皮製品を廃止した

グッチ・アルマーニ
カルバンクライン
ステラ・マッカートニー

に続いて、新環境にも配慮したブランディングとして注目されています。

まとめ

ヴェルサーチが「時代遅れ」と言われるようになった背景には、

  • バブル期に流行したブランド
  • 田舎のヤンキーが着ているイメージ
  • ラッパーの影響
  • メデューサのイメージなど

さまざまな要因が考えられます。しかし、ヴェルサーチは近年、ブランド名の変更やクリエイティブ・ディレクターの就任、環境に配慮した取組みなど、新たな変革を遂げています。

これらの取り組みは、ヴェルサーチのブランドイメージを再構築し、時代遅れというイメージを払拭することにつながっています。今後はグローバルなブランドとして、成長するヴェルサーチェに期待したいですね!

ご覧いただきありがとうございます。

-深掘り記事