深掘り記事

ストーンアイランドの「ダサい」声は本当?「高すぎる」理由は?

※当ページはプロモーションを含みます。

アイキャッチ

俳優の菅田将暉さんや松田翔太さんも愛用するストーンアイランド。

めりも

海外セレブやラッパーからも注目されていて、ちょっと気になるアイテムですよね。

しかし、巷ではストーンアイランドは「ダサい」という声が上がっているようですね…。また、調査を続けていると「高すぎる」といった声もちらほら。

今回は、ストーンアイランドについて「ダサい」声を徹底検証します。

この記事を読めば、ストーンアイランドが高い理由が分かり、ストーンアイランドの知られざる魅力を発見できますよ。

(トップ画像引用:ストーンアイランド

メンズファッションおすすめ記事

ストーンアイランドとは?

(画像引用:ストーンアイランド

ストーンアイランドは、1982年に誕生したイタリア発祥のスポーツ・アウトドア系のブランドです。設立したのは、グラフィックアーティストのマッシモ・オスティ(Massimo Osti)氏です。

マッシモ・オスティ氏はミリタリーウェアの生みの親!

(画像引用:インスタグラム

めりも

街では迷彩柄やカーキのアイテムなどをよく見かけますよね。

今ではすっかり日常に溶け込んだミリタリーファッションですが、マッシモ・オスティ氏はミリタリーウェアの生みの親と言われています。

1970年代中頃、ビンテージマーケットではイタリア軍の軍服が多く売られていました。マッシモ・オスティ氏はミリタリーアイテムの考え抜かれたデザインに魅了され、ポケット、留め具、装飾といった機能性を徹底的にリサーチ。

そして、高機能素材を使い、ユーズド感を出すために加工技術を駆使してオリジナルのミリタリーウエアを完成させました。

ストーンアイランドの名前の由来

(画像引用:ストーンアイランド

研究熱心なマッシモ・オスティ氏は、手に入りづらい繊維を確保し、新しい素材の開発に乗り出します。そこで、トラックの帆に使われる防水布を衣服に使用できないかと考え、ストーンウォッシュと呼ばれる、軽石や研磨石で布を洗う新しい製法を生み出したのが「ストーンアイランド」の名前の由来です。

ストーンウォッシュを施すことで、柔らかい風合いへと変化し、年月を重ねた古着加工のアイテムが登場。ストーンウォッシュは、どのファッションブランドも試してこなかった新しい製法で、世界中から注目されるきっかけになりました。

ストーンアイランドの「ダサい」声を検証!

SNSで投稿されている声を集め、「ダサい」理由を検証します。

ダサい理由①ワッペンがダサい

SNSのクチコミを見てみると、ストーンアイランドの象徴でもあるワッペンに対するネガティブなクチコミがありました。

  • ロゴ見せるのダサいって思ってストーンアイランドのワッペン外してた時期あった
  • ストーンアイランド、くそださストーンアイランド腕章さえなかったらかなりかっこいいアイテムもあるんだが…

ストーンアイランドのトレードマークは、腕章のようにつけられたロゴワッペンです。

(画像引用:ストーンアイランド

ワッペンの意味は?

志を表す星のようなコンパスロゴが特徴ですが、一部で「ダサい」と言われているようですね。しかし、マイナス評価の意見がある一方で、「かっこいい」という好意的なクチコミも。

めりも

ワッペンについては、そこまで気にする必要はありません。

ロゴワッペンは取り外しができるタイプの商品や、内側に入れられるタイプもあります。また、シンプルかつモダンなウエアを展開している別ラインの「シャドウプロジェクト」には、都会的なデザインが多くロゴが目立ちにくいアイテムも揃います。参照URL

ダサい理由②オーバーサイズになる

ストーンアイランドの中でも人気商品のダウンジャケットは、ボリュームが出過ぎてオーバーサイズになることも。

海外ブランドアイテムは、小柄な日本人の体形とは異なり、サイズ感を間違えるとダサい印象になります。インポートブランド全般に言えることですが、海外ブランドは外国人向けのサイズ感で作られているので、サイズ選びは慎重に行いましょう。

オーバーサイズに対する声

ストーンアイランドのダウンジャケットは、シンプルなデザインも多くスタイリングに取り入れやすいというメリットもあります。また、軽くて暖かく、機能性も高いので体型に合ったものを選べば、スタイリッシュな着こなしができますよ。

ダサい理由③偽物がある

Yahoo!知恵袋では以下のようなクチコミもありました。

「ストーンアイランドのワッペンについてです。持っていたシャツのワッペンがへたってきたので、メルカリでワッペンだけ購入しました。僕が持っているものより分厚く、外枠も本物と少し違うのが届きました」(参照URL

「ストーンアイランドの本物と偽物の見分け方はありますか?メルカリでは買わない方がいいと思いますか?」(参照URL

メルカリなどのフリマアプリでは、ストーンアイランドのワッペンが単体で販売されています。また、悪質な出品者の場合、本物のワッペン写真を使って偽物を送り付けるケースも。

さらに、個人輸入サイトでは、偽物が混ざっている可能性があるので注意が必要です。ストーンアイランドでは、偽造品販売サイトの存在を認識しており、偽物を撲滅するためウェアの認証サービスを開始しています。

(画像引用:ストーンアイランド

商品の内側についているQRコードをスキャンすると、商品が本物であることを確認できます。

めりも

ストーンアイランドの商品は、高額なアイテムも多いので正規店で購入しましょう。

楽天で「ストーンアイランド」を確認してみる>>

ダサい理由④若作り感がある

Yahoo!知恵袋では、以下のような投稿もありました。

Yahoo!知恵袋

ストーンアイランドのセーターを40過ぎのおっさんが着ていたら、若作りしているみたいで気持ち悪いですか?(参照URL

「おじさんが着ていてるとダサい?」といった質問がありました。ストーンアイランドは、スポーツテイストの強いアイテムが多いので、キレイめに着こなしたい方には向かない場合もあるでしょう。

しかし、素材や質感の良さが映える、シンプルなオシャレコーデを楽しめるアイテムもたくさんあります。SNSでは以下のような声も。

かっこいいという声

このように、「おじさん」が着ても若作りにはなりません。

めりも

かっこいい「イケおじ」になるのではないでしょうか?

ダサい理由⑤フーリガンのイメージがある

サッカー大国である欧州では、サッカーの試合会場で暴走化した集団である「フーリガン」が存在します。ミニタリーテイストと機能性を併せ持ったストーンアイランドが、フーリガンから絶大な支持を集めるカリスマブランドになっているのも事実。

そのため、

『ストーンアイランド=フーリガン』

の印象を持つ人も。

1992年には、スウェーデンで開催された欧州選手権の後、ストーンアイランドの服を取り扱う店にイングランドファンが集団で略奪した事件も起きています。

めりも

ヤンキーや不良のイメージを持つ人も一部でいるようですね。

ストーンアイランドが高すぎる理由は?

「ダサい」という声に続いて、「高すぎる!」といったクチコミも見受けられます。

ストーンアイランドと他社ブランドとの価格比較

ダウンで有名なモンクレールや、カナダグース、アウト系ブランドのザ・ノース・フェイスの価格帯を比較します。(※製品によって価格は変動します)

ブランドダウンスウェットTシャツ
ストーンアイランド20万前後4万円~2万円~
モンクレール25万前後8万円~4万円~
カナダグース11万前後4万円~
ザ・ノース・フェイス11万前後1万円~4千円~

ダウンに関しては、モンクレールが一番高い価格で、ストーンアイランドは2番目の価格帯です。11万前後で買えるカナダグースや、ザ・ノースフェイスよりも高いので、高級ブランドの位置づけになります。

Amazonで「ストーンアイランド」の価格を確認する>>

「高い」のには理由がある

ストーンアイランドが高いのは、ただ単にハイブランドだからという訳ではありません。ストーンアイランドが高い理由は、ブランドの人気に隠れているのです。

ここでは、あなたの知らないストーンアイランドの魅力について詳しく解説します。

①規格外の素材を使用

ストーンアイランドでは、

  • ステンレススチール
  • ブロンズ
  • 飛行機のシールドを保護するために開発された素材
  • 光通信ケーブル用のガラス繊維

など、規格外の素材を積極的に採用し、常に新しいスタイルが生まれ特許を取得しています。そのため、デザインだけではなくクオリティの高さにも定評があります。

②ガーメントダイと呼ばれる染色技術

(画像引用:ストーンアイランド

ガーメントタイとは?

「ガーメントダイ」とは、縫製後に染色するカラーリング方法。「製品染め」や「後染め」と呼ばれ、縫製などを終え製品が仕上がってから、最後に色を染める手法です。

これにより生地の縫い目まですべてが同じ染料で染められ、統一感のある美しい質感や、上質感を実現させています。ナイロンも染め上げてしまう技術は、ストーンアイランドの専売特許です。

③温度で色が変化するアイスジャケット

(画像引用:OTOKOMAE

世界的にストーンアイランドが広まるきっかけになったのが、温度で色が変化する「アイスジャケット」。ジャケットの表面が特殊加工されており、温度によって色の変化が楽しめ、レア感が興味をそそりますよね。

このように、独自の素材加工や染色方法は、他のブランドにはないストーンアイランドだけの特殊な技術です。常に進化を求め研究を重ねるストーンアイランドには、このような魅力がたくさんあり、高い理由にも納得がいくのではないでしょうか?

人気のひみつ

ここまでは、SNSでささやかれている「ダサい」「高すぎる」声を検証しました。一部でこのような声はあるものの、ここまで繊維や生地、カラーリングに対して深い研究をしているブランドは他にはありません。

いいクチコミ

このように、なにか成し遂げた時、自分のご褒美に買いたいという人や、女性からも人気があることが分かります。

ここからは、ストーンアイランドの人気のひみつをご紹介します。

コラボ商品がある

ストーンアイランドは2014年から、ストリートファッションで有名なSupremeとのコラボレーションを発表しています。2022年春夏では7回目のコラボが登場しています!

また、日本の吉田カバンが展開する「ポーター」とのコラボ製品は、すぐに完売がするほど人気です。さらに、2022年にはNewBalanceとのコラボシューズも発表。

(画像引用:ストーンアイランド

ストーンアイランドらしい大胆なネオンカラーを駆使したコラボシューズは、話題性も抜群です。このようにさまざまな企業とのコラボが楽しめるのも、ストーンアイランドの人気の理由です。

多くの有名人が着用

ストーンアイランドは、

カナダ出身のラッパー
Drake(ドレイク)』

がウィンブルドンの観戦の際、ストーンアイランドのロンTを着用していたことで話題になりました。このことで、北米での売上が拡大しニューヨークに旗艦店がオープンしたほど。

また、

  • ラッパーのカニエ・ウエストさん
  • オアシスの元ボーカル

なども着ていたという情報も。このように多くの有名人がプライベートで愛用しているため、人気が高まっています

SNSで最新の情報を常にアップデート!

ストーンアイランドでは、SNSを駆使した販売戦略が人々を惹きつけています。SNSでは、こまめに最新のファッションがアップデートされ、ファッションに敏感な世代を魅了しています。

公式アカウントはこちら

東京に初の旗艦店がオープン

(画像引用:FASHIONSNAP.COM

2018年9月14日、東京・南青山に旗艦店がオープンしました。アジアでは韓国の2店舗に次いで3店舗目、世界では22店舗目にあたります。

店内は、日本製のコンクリートにガラスを基調としたスタイリッシュな佇まい。フィッティングルームにはのれんがかかるなど、日本文化に寄り添った造りにこだわっています。

南青山店では、見せる工夫として店内に冷蔵庫を設置。展示されたアイスジャケットに手を触れると、その部分の色が変わる仕組みを体験できます。

まとめ

ストーンアイランドの「ダサい」声は本当?「高すぎる」理由は?というテーマに基づいて解説しました。

ダサいと言われる理由は、以下の通りです。

  • ワッペンがダサい
  • オーバーサイズになる
  • 偽物がある
  • 若作り感がある
  • フーリガンのイメージがある

しかし、ほとんどの場合、サイズ感が合っているものを着用すればダサいと認定されることはありません。むしろ、ストーンアイランドにしかないこだわりや技術は、唯一無二のブランドと言えるでしょう。

より魅力的な商品を選ぶなら、南青山の旗艦店に足を運んでみてください。ストーンアイランドの技術の高さを体験できるので、よりブランドの良さを再確認できますよ!

-深掘り記事